紫外線が及ぼすお肌への作用をカットすることで、お肌のシミ対策を実践することが可能になります。お肌の細胞が紫外線の作用で悪影響を受けないように、戸外で行動する時には、紫外線に対する備えが重要になります。皮膚の細胞の中でメラニン色素が多くなると、皮膚が黒くなります。これが紫外線による日焼けのメカニズムです。メラニンが多くなりすぎて、肌の代謝が間に合わないと、皮膚には黒さがそのまま残ります。メラニン色素が皮膚の中に留まっていると、沈着し、シミになってしまうという仕組みです。紫外線を浴びることがなければ、メラニン色素は生成されませんので、しみの原因ができません。一度お肌にシミができてしまうと、修正ペンを使ってなくすということはできません。しみのない肌をキープするためには、紫外線によるシミができないようにすることです。陽光は体にとってプラスになるものであり、免疫力をつけるためには日光を浴びることが推奨されていました。ここ数年は、肌の紫外線の肌に対する悪い影響について、よく取り上げられようになってきました。お日様を浴びることは心地のいいことかもしれませんが、過度の日焼けは、皮膚にとってよくない影響をもたらします。しみができてしまった皮膚は、白いお肌に戻すことは困難です。しみができないように、紫外線カットをきちんと行いましょう。