幼少期の頃から、きちんと紫外線対策をすることが望ましいでしょう。子供のお肌は、大人と比較すると紫外線をより多く吸収するようになっていて、成長途中でデリケートであることが指摘されています。幼少期に紫外線に対するガードが不十分だった場合、年齢を重ねてから当時の影響があらわれ、皮膚がんや白内障になることがあります。紫外線の影響を受けないようにするのは、小さなうちからやっておいたほうがいいということになります。野外で子供が遊ぶ時には、事前に日焼け止めクリームを塗るなどのケアが重要になります。日焼け止めクリームの使用は、手軽にできる紫外線対策方法として有効です。大人が使う日焼け止めクリームではなく、子供の皮膚のために製造されたクリームもあります。日焼け止めクリームは、肌への刺激がマイルドで、アトピー肌の人でも使えるというタイプのものもあります。多くの子供用日焼け止めクリームは、肌に優しい成分ができていて、炎症などができないようになっています。紫外線を防ぐには、クリームだけでなく、UVカット加工がされている帽子や、サンバイザーの使用も適しています。紫外線が肌に到達しないように、UVカット効果がある製品かどうか、購入時にチェックしてください。子供の使用を想定した紫外線対策用品は様々なものがありますので、昔よりも選択肢は多くなり、選びやすくなりました。