しみを改善する治療はさまざまな物がありますが、最先端のスキンケアとして人気なのがフォトフェイシャルです。レーザー治療とは異なり、肌に効果的な光を照射することによって、肌のターンオーバーを促す方法になります。インテルス・パルス・ライトというフォトフェイシャル用の光があり、この光が美容効果をもたらします。肌のしみのある部位に光を照射することで、お肌がもともと持っている代謝能力をアップさせ、しみの成分を体の外に出してしまうというやり方になります。しっとりとした、白く美しいお肌にするために、フォトフェイシャルの美容施術を定期的にうけているという人もいるようです。しみは、メラニン色素の沈着によってできる皮膚の症状です。このメラニン色素にだけ反応するフォトフェイシャルは、お肌に優しい美容施術といえます。安全な光のみを使用しているフォトフェイシャルは、肌を傷つけたり、火傷をしたりする心配もないとされています。デメリットとしては、効果は個人差があり場合によっては1度の照射だけでは効果を得られないということもあります。定期的にフォトフェイシャルに行くことになると、受ける度に施術費用が請求されます。フォトフェイシャルはお肌に対する負担が少ないといいますが、どんな施設を利用するかや、肌質によって、予期せぬトラブルが起きたりします。どこのエステでフォトフェイシャルをしてもらうかや、事前のカウンセリングを十分にすることが、重要です。フォトフェイシャルを使うことで、皮膚のしみやくすみが解消され、外見が若返って見えるようになこともあります。